ZIPP 353NSWについて知っておくべき5つのこと

2021.12.15

Zippの353NSW Tubeless Discについて、設計を手伝った2人のエンジニアから学びましょう。Zippの設計エンジニアであるJohnLeachman氏とBenWaite氏に、353 NSWに関する質問を投げかけ、5つの知っておくべき事実を発見しました。

 


1.幅広い用途で使用できる。

その超軽量、エアロの利点、およびフックレスのリムとタイヤのインターフェースを備えた、明らかな理由で353NSWチューブレスディスクブレーキホイールセットを気に入るはずです。353NSWは舗装路以外にグラベル道でも優れています。最新のディスクブレーキロードバイクに最適なホイールです。そのリムは、25mmの内部幅のフックレスリムプロファイルと30mmの最大外部幅を備えた起伏のある45mmの深さのリム形状をしています。また、28mmはZipp 353NSWホイールの最小タイヤ幅です。 


2.本当に軽いです。

当社独自のSawtoothリムプロファイルは、自然(特にクジラのひれ)からデザインの手がかりを得て、エアロ効率と横風の安定性に関して最高のパフォーマンスを実現します。Hyperfoil™ノードは構造強度を提供し、リムを軽くすることができます。12mmのスルーアクスルエンドキャップとXDRドライバーのリアハブ構成に基づいた、1255g(フロント580g、リア675g)の史上最軽量の非管状Zippホイールセットです。(ウェイトにテープやバルブは含まれていません。)「これは私たちの最軽量のクリンチャーです」とBenWaite氏は言いました。 

 


3.アメリカのインディアナポリス製であるという自信

1988年に設立されたZippは、インディアナポリスのモータースポーツの温床で育ち、カーボン繊維の取り扱いに関する豊富な専門知識を持っています。インディアナポリスの北西側にあるSRAM施設には、Zippのエンジニアリング、製造、およびテストがあります。

JohnLeachman氏は言いました、「これは手作りの製品で、大量生産するロボットは存在しない」と。

ホイール製造プロセスに携わる全てのメンバーがプロフェッショナルであり、製品に情熱を注いでいます。


4.厳しいテストをクリアしたホイールだけが、製品に。

インディアナポリスのテストラボは、プロトタイプホイールを24時間年中無休で検査・評価しています。また、さまざまな路面を持つ自転車用の一種のトレッドミルであるRollingRoad™も採用しています。それ以外にも世界中のテストライダーが存在しています。353 NSWは、MOVISTAR TEAM、CANYON // SRAM Racing、およびグラベル/アドベンチャーレーサーのPaysonMcElveenへ提供が行われています。。驚くべきことに、353 NSWの導入の翌日、CANYON // SRAMRacingのKasiaNiewiadomaは、ベルギーのHuyにあるlaFlècheWallonneで新しいホイールセットに乗って2位になりました。 


5.TSE™テクノロジー

353 NSWの新しいリムラミネートとタイヤインターフェース用に最適化されたより広いリムプロファイルの組み合わせは、空気抵抗、重力、転がり抵抗、振動損失の4つの速度障壁を克服しライドを変革します。これが、ZippのTotalSystemEfficiency またはTSE™の力です。

特に、振動の損失はワットを浪費し、速度を低下させます。 

「タイヤが狭い昔は、接地面を最小限に抑えて抵抗を下げていると考えて、120または130psiまで空気圧を汲み上げていました。しかしすべてがトラックのような舗装路ではありません。段差を横切って転がる場合は、地面にあるすべてのマイクロクラックについて考えてください。高圧タイヤがその上を転がるたびに、タイヤが浮き上がります。そのタイヤが再び地面に着くたびに、減速させます。」とBenWaite氏は言いました。「それは、常に大きな(接地面)パッチで地面にゴムを置きたいという古いマウンテンバイクのアイデアのようなものです。そうすれば、それを制御できるようになります。」

 

 @jeredgruberによるカバー写真

他のすべての写真は@AboveCategoryの厚意により提供されています

 

TOP
MENU